人気ブログランキング |

カテゴリ:北京短期留学( 16 )


たった1駅でしたが地下鉄を満喫したゆきえたん。
王府井へ到着!!
はてさてここはどこ??
まず地図を広げて位置を確認。

新たなる冒険の始まりだ♪

ガイドブックに掲載されている
小吃街というところに行く事にした。

途中で奇妙な飲み物が目に入る。
な、な、なんだこれは??

b0005752_2204549.jpg



勇気を振り絞って1つ購入。

ストローで吸ってみると酸味があるわ。

・・・・・?

・・・・・?

(たぶん)ヨーグルト。

入れ物が薄茶色なだけで

中身は(たぶん)普通のヨーグルトでした。

寄り道はほどほどに一路、小吃街へ


故宮(紫禁城)

上から見下ろすと黄金に輝く屋根が見える。

これは権力の象徴。

世界の中心は紫禁城だと。

だからって

東西750m、
南北960m、
広さ72万平方メートル
部屋の数は8700間以上

という


バカでかい広さにするなっ!!


全部拝観しようとしたら何日かかるかな??
体力をめちゃくちゃ消耗したわよ。
疲れたわよ。
だから天安門の毛沢東の画だけを見て
広々とした天安門広場や人民英雄記念碑
毛主席記念堂など見るのをヤメた。

けざわひがし氏(笑)↓
b0005752_21544365.jpg

b0005752_2155336.jpg




もうヘロヘロです。

ミ(ノ;_ _)ノ =3 ドテッ


無駄に広すぎるぞ、故宮。

そして近くの地下鉄から王府井へ行くことにした。

冒険のはじまり♪


目的の九龍壁を見たので
次はよくパンフレットに掲載されている
故宮(紫禁城)そのものを見るぞ!!
と疲れ果てている身体に鞭を打ってさらに歩く。

おーーーっと!!スタバ発見!!!
国からよく許可が下りたものだ。。
それとも国が依頼したのかな??

b0005752_1858961.jpg




それにしても

人が多い!!


b0005752_18584044.jpg



真ん中は皇帝しか通ることができない道。
御輿が横になって担ぎ手が両側の階段を登り、
御輿は真ん中の上を、つまり皇帝が通るらしい。

b0005752_1973245.jpg


各建物には当然の如く名前があります。

b0005752_1859421.jpg



向かって右が満州文字で
向かって左が漢語です。
これにはちゃんと意味があるとのこと。
この建物を建てたときの皇帝は
満州の人だったので
故郷の文字も使用して両方ので書かれているとのこと。

b0005752_1903065.jpg



が、こちらのときは
漢族の人たちが建てたので漢語しか書かれていない。
とのことらしい。


そして故宮で一番大きい太和殿のところまで来た。
そうよくこんな風↓にパンフレットに載っている
b0005752_191589.jpg



うぉーーーー!!
って画ぢゃねーーーかっ!!!
ミ(ノ;_ _)ノ =3 ドテッ
b0005752_1914019.jpg


北京オリンピックに向けて改修工事をしているのだった。

期待してきただけにがっかり度が倍増。
オリンピック後にまた来るね♪♪

故宮へいざ参らん!!
ということで故宮を裏から入る。

b0005752_18425379.jpg



故宮(紫禁城)そこは
1歩入ると無駄に広い。でかい(笑)
皇帝の権力を見せ付けるために
広く造られているんだって。。。

黄金に輝く屋根は「世界中心」
建物に使われている朱は「繁栄」
の意味を表しているそうです。

b0005752_18432648.jpg




屋根のこいつらは「魔よけ」
b0005752_18434977.jpg



そしてゆきえたんは
「九龍壁」というのを見たかったのが
別入館料が必要とのこと。。

ぼったくりだね(ーー;)


西太后は息子を同治帝として即位させる。
しかし同治帝は若くして崩御。
同治帝には子供はいなかったので
西太后は自分の妹の息子を光緒帝として即位させる。
しかし光緒帝が自分の暗殺計画を企てていることを
知り、光緒帝をイワ園に幽閉。
その後、光緒帝の側室だった珍妃は
西太后に井戸に身を投げ入れるようにと
命令が下り、身を投げ入れたと言われている井戸。

b0005752_18451565.jpg


b0005752_18453680.jpg


でもこんな小さな井戸に身を投げ入れることが
できるのだろうか???
きっと昔はもっと大きかったのかな??

アタシが見たかった「九龍壁」は迫力がありました。
真ん中の龍はやはり皇帝を表しているとのこと。
「龍」の画を使えるのは皇帝だけ。
b0005752_1846016.jpg



それより無駄に広いのです。
まだ半分も見ていないのにすでに疲れ果てました(ーー;)

朝食後、すぐに観光へ出発!!
今日はタクシーに乗って故宮博物館へ行く事にした。

故宮の前には停めることができないので
裏に停車したのだった。
裏に停車をしたいうことは故宮の裏にある
景山公園をすぐに見る事ができた。

景山公園の中に塔から
故宮を見下ろすことができるんです。
よくパンフレットや映像で撮られている
故宮を一望できるんです。


しかし、一望どころか、
入り口からちょろっと公園を覗いてみると
景山公園の中にある塔が
建設現場の足場に取り囲まれた姿だった。


・・・・・。


つまり


修理中。



ミ(ノ;_ _)ノ =3 ドテッ



っていうその前に


チケット売り場も



修理中やんけ!!



ミ(ノ;_ _)ノ =3 ドテッ


営業はしているが、


すべて


北京オリンピクに向けて


大修理中。。。


出鼻をくじかれた。。
(((; ̄∇ ̄)~((((;_△_) コケッ

この日は土曜日ということもあって授業はない。
食堂も開いていないということで
同部屋の子と一緒に
外で朝食を買ってくることにした。

ぐふふっ

。('-'。)(。'-')。ワクワク

朝から冒険の始まりです。

((○(^▽^)○)) ウキウキ

宿舎を出てブラブラしていると

あっ!!


あそこに人だかりがある!!



おぉ!!朝食売ってるよ。。

おいしそうだねぇ~
でもいくらか表示されていない。

困った。。。

しばらく購入している人をみていると
1元札を1枚手渡していたので
ひょっとして1元か??

とりあえず食べたいもの購入することにした。
店員はお兄ちゃんで、
何気にお兄ちゃんの前に立つ、
するとそのお兄ちゃんは
アタシに向かって

「几个?(いくつ??)」

笑みもなくものすごい暗い低いトーンで

訪ねてきた。。。

はっきりいって


こ、こ、怖い(ーー;)


一瞬ひるんだが、ここで負けてはいけない!!
と思いつつも


ひ、ひ、一つください。。。^_^;)


値段も聞かずに
とりあえず1元差し出した。
お釣りもなかったのでおそらく
1元だったのだろう(笑)


全部で4個。
全部で2.5元です。
(2.5元=約38円)
意外においしかったです。
朝から食べ過ぎた
満腹でした。

b0005752_2150374.jpg



もう1回食べたいなぁ~

食費は安い!!

これだから中国はヤメラレない!!

満腹朝食冒険無事終了。

食べ過ぎた朝食


夕飯後、
「洗濯をしよう!!」と言うことになった。
各階に洗濯機があるのだ。

初めての洗濯(笑)
ぐふふっ。
冒険の始まりだ。

その洗濯機は洗濯カードを洗濯機に挿入するという
仕組みになっていた。

操作手順を見ながら
まず洋服を入れて洗剤を入れて、
カードを挿してボタンを押すって書いてあった。

で、その通りにして最後にボタンを

ポチッとな。。


・・・・・・。(無反応)


ポチッとな。。


・・・・・・。(無反応)



カードをいくら挿しても洗濯機が反応しない。。

あれ??
操作手順を読み間違えたか??
そんな、はずはない。
と再度使い方を読むが
やっぱり手順はあってる・・・


このカード壊れてる??


中国ならあり得るかも???

なんでー動かなーーい!!


・・・・・。(30秒経過)


・・・・・。(1分経過)


悩んだ結果、カードの向きを

いろいろ変えて挿入してみることにした。

突然、ピッ!!と音がした。

おぉ!!ランプが点灯したぞ!!

動いたぞ!!


\(o⌒∇⌒o)/ ワァイ♪♪♪
\(o⌒∇⌒o)/ ワァイ♪♪♪

<結論>
絵が描いてある方を上にするんぢゃなくて
絵が描いていない方を上にするんだ。。。

っつーか、


テレホンカードみたいに


挿入方向の矢印ぐらい


書いとけっ!!!(怒)




こうして
無事に洗濯機の使い方はクリアーしたのだった。
洗濯機の冒険無事終了。


午後の授業が終了。
短期留学参加者の日本人全員が

日本語の通じない学生
vs
自分

の戦いの授業にヘロヘロになった。


1日目にして


もうすでに限界です!!!


日本語が通じないって


つらいわぁ~




って感じでした。

まっ留学だから当たり前なんですけどね。
だっはっはっ。

夕飯はオプションについていないので
どこかに食べにいかなければならない。

1人では不安なのでみんなを誘って
夕飯を食べることにした。

とりあえず学校の前にある「お粥」のお店へ。

日本人だけで日本語の通用しない
お店へ入るなんて冒険の始まりだ。
ワクワク♪ (p・・q)(p・・q)ワクワク♪

冒険のはじまりだ。


午前中の授業は先生1人に生徒2人。
寝ているヒマさえないっ。。
っていう寝てられない。
次から次へと話を振られる
サバイバル授業。

次は午後の授業。

午後は個人授業ということで
北京大学の医学生達が相手をしてくれるとのこと。
もちろん1対1です。
日本語なんてしゃべれないのでかなりつらい。
英語はしゃべれるみたいだ。

我が相手は21歳の女の子 レンちゃんだった。
とても21歳には見えない。。
どうみても中学生だ。
そして日本のアニメが大好きだという。
ひたすら名探偵コナンを話をしている。。
登場人物がどうのこうのって。。。
あぁ~たまにコナンのアニメ見ててよかった。
(6 ̄  ̄)ポリポリ

なんかおしゃべりがものすごい好きみたい。。
ず~っと独りでしゃべっていた。

っていうかおいっ!!

君達バイトでしょ!!

ときどきアタシの話しも聞け!!

たまにアタシの話しに

食いつけよ!!


(ーー;)

レンちゃん。


朝から大量の朝食をゆっくりと食事をしていたら
授業の開始時間が迫っていた。

ゆっくり朝食を食べてねと言っていた先生が

授業開始時間

だから急いで!!


とせかす。

ゆっくり食べろって言ったぢゃないかーーー!!(-_-#) ピクピク

ったく。

教室に到着すると突然

クラス分けのテストをします

と先生が言う。

何ぃーーーー!!!

日本ではクラス分けのテストはないって
聞いていたんぞーーーーー!!

聞いてなーーーーい!!

ブーブーブー!!(-_-;)


「聞いてない!!」と叫ぶ日本人
「予定変更」と言う中国人

そーえいば、こんなのなんて
いつものことだということを
今、はっきりと思い出したゆきえたんなのであった。

クラス分けテスト