カテゴリ:タイ旅行★( 6 )

b0005752_1415378.gif
タイへ旅立つ前に
FLYING UNION のキャプテンに頂いた物です。

やっぱりトイレットペーパーは日本製に限る!!(笑)

[PR]

by yukietan | 2004-09-23 14:01 | タイ旅行★

いよいよ帰国の日です。
2時間前に空港に到着しなければならないので
いそいそと荷物をまとめて出発をする。

最後にガイドさんと運転手さんと記念撮影!!
運転手さんもすごくいい人でいつも笑顔で
アタシ達の帰りを迎えてくれました。
運転も安全運転で丁寧ですごい安心して乗車をしていました。
ありがとうございました!!m(__)m
b0005752_12352314.jpg
早々に手続きを終えて中に入る。
ここでバーツを使い切るぞ!!
と値段をみて買い物を始める。
グリコのチョコバナナポッキーを発見!!
とりあえず買って帰った。
が、
帰国後すぐに母親にすべて食べられてしまい
1本も食べられなかった(。>_<。) えーん


帰りもバンコク-香港-名古屋です。
今回香港でも待ち時間は1時間ぐらいだったので
凍え死ぬ前に飛行機に乗れました(笑)

飛行機到着後、再入国前に自宅へ迎えの電話をする。

再入国の前に「検疫の書類」を書かなければならなかった。
帰国後28日以内に発熱、発しんなどが出現した場合は
すみやかに医療機関を受信してください。
とな。
しかも「医師の方へ」と書かれた紙をもらう。
この紙を持参した方は海外で感染症に罹患(りかん)している可能性も
ありますので十分な配慮を願います
とな。^^;;;;;
どうか症状が出ませんよーに!!(-人-)祈る

*罹患・・・病気にかかること

そして再入国を終えて荷物を取りにいくと
すでに荷物が流れていた。
やっぱり日本は早いわぁ~。
名古屋だけがこんなに早いのかな??
しかも客が取りやすいように
取っ手が全部きちっと外側を向いている。
サービスは万全だわぁ~
と日本のサービスの良さに改めて感涙(泣)

外に出ると父親が迎えに来てくれた。
乗車すると早々に
「お母さんに送って行った朝のことチクっだろ!!」
と怒鳴られる。
えへへっ^^;;;;
だって朝から面白い話題だったから言わなくてはならないと
義務感に燃えたのだ!!

体重2kg増で無事に
帰国したゆきえたんなのであった。


(完)

[PR]

by yukietan | 2004-09-23 12:35 | タイ旅行★

「朝食さすがに3日間も同じものがつづくと飽きてくる」
と言い出した友達にムッとしながら始まった4日目。
バイキングなんだから別のを食べればいいじゃん!!
と突っ込みを入れたかったが
「あははははぁ~」と笑って過ごした大人のゆきえたん(笑)
b0005752_20484918.jpg
本日まずは水上マーケット。
ここは早朝に行かないと意味がないと思われた。
アタシたちが訪れたところはおそらく観光用に開発された地域だろう。
早朝ならば小船が行き交い、活気があったんでしょうが、
すでにお昼近く。観光客目当ての船ばかりでした。


到着するとまず30分ぐらい船に乗って水路を爆走!!
風が最高に気持ちよかった。
普通に生活をしている民家があり、
モンキーバナナの木があった。
ガイドさんは船に乗るのは怖いと言っていたが
アタシたちはすごい楽しかった。
最後にお土産売り場で降ろされてしばらくショッピング。

ここのお土産売り場はすごい汚い!!
汚れていて汚いということではなくて
売り方がちょっと気に入らなかった。
様々な国の方がいらっしゃっているのに
値段がすべてタイ語で書かれていたのです。(-_-#) ピクピク
読めないっちゅーの!!!
しかもものすごい高い。
高い×2と聞いてはいたがここまで高いとは。

友人が「この小物いくら?」と聞いていたら
150バーツを言われていた。
高いと文句を言ったら80バーツに下がる。
がまだ高かったので更に値切る。
55バーツまで値切って購入をしていた。
ガンバったじゃん!!!(笑)
b0005752_20513157.jpg
その後、ローズガーデンへ。
お昼を食べてタイのカルチャーショウを見る。
古典舞踊や伝統儀式が行われる。
演技とわかっていてもムエタイの紹介では
つい応援をしてしまう観客達(笑)
でもね、
ローズガーデンなのにローズが一つもなかった(泣)
季節が悪かったわね(ーー;)
カルチャーショウと象さんの曲芸をみて
次の目的地へ。


次は彫刻のお店。
実際に彫っているところを見学してお土産をみるだけ。
ここでさっき水上マーケットで友達が値切って買っていた
小物を発見!!
80バーツと書かれていた。
きゃ~通常より安く買えたんだぁ~と大喜びする(笑)

そして夜はカニカレー!!
すっごいおいしいのよ!!
チャーハンにもかけて食べてしまいました。
これは絶対に食べるべき食事です。
今回の旅で一番おしいかった食べ物!!
日本でも食べることができるのであれば
食べたい1品です。
トムヤンクンもあった。
ガンバって飲んだけど
辛過ぎて完食できませんでした^^;;;;;

その後、政府公認のスアン・ルムナイト・バザールへ。
夕飯の前に一度連れてきてもらったのだが
時間が1時間半ぐらいしかなくて思う存分見られなかったので
夕飯の後また連れてきて!!とガイドの頼んだんです。
「その場合は自分でホテルに帰ることになるけどいいか??」
と言われたので
「タクシーで帰ります!!」
そしたらガイドさんすごい親切で
「タクシーで100バーツ・200バーツ請求されても
絶対に支払わないように!まず携帯に電話してね!!」
とアタシ達の宿泊しているホテルの住所をタイ語で書いてくれて
困った時電話するように携帯番号を教えてくれた。
ありがとう、ガイドさん!!感謝です。

フラフラすると友人が水上マーケットで55バーツまで値切って
買って & 彫刻のお店では80バーツで売っていた小物を発見!!
ここでは

20バーツ

水上マーケットで値切ったのにまだ高かったんだね^^;;;;;
まっこれも買い物の楽しさよ!!
前向きに前向きに!!(爆)

そして無事にタクシーでぼったくられることもなく
ホテルに帰ったのでした。
めでたし、めでたし。

[PR]

by yukietan | 2004-09-21 20:51 | タイ旅行★

起床後カーテンを開ける。なんだか空が薄暗いわ。
こんなもんなの??
雨が降るのではないかとドキドキしながら朝食を食べる。

ゆきえたん以外の人は雨が降るかもしれないと
傘を持って行動をしていたが
ゆきえたんは「降らない!!」と断言。
それに移動車の中に傘があったもんねぇ~
いざとなったらそれを使うのだぁ~Ψ(`∀´)Ψウケケ

今日はアユタヤ遺跡へ!!
車で1時間半かかる場所にあります。
ちなみに
船では4時間半。
電車では2時間半。
かかるらしいですよ。
b0005752_18492939.jpg
アユタヤに行く前にまずは「バン・パイン宮殿」
ラマ4世・5世によって再興された離宮です。
ゴルフ場みたいにきれ~に芝生が手入れされていおいます。


向かって左に浮かぶのはプラ・ティナン・アイサワン・ティッパアー
ラマ5世の堂像が飾られています。


b0005752_18495529.jpgプラプラ歩いていると象に剪定された植木を発見!!
b0005752_185015100.jpg
そしてコブラに剪定された植木を発見!!
他にも鹿やうさぎなどたくさんありました。


b0005752_18503911.jpg
タイと中国が融合されたの建物
プラ・ティナン・ワローパート・ピーマン
靴の脱いで中を見ることができます。
タイは象=王という考えだが中国は獅子=王という考えなので
獅子が飾られています。
また陰陽の紋が飾られていましたが
どうやらそれが魚に見えるからと建物の出入り口に
魚の形をした陶器が・・・・・^^;;;;;
画像を間違って消してしまったのでお見せすることができないので残念無念。


b0005752_18535139.jpg
そしてワット・プラ・マハタートへ。
昔は塔の頂上がオ黄金色に輝いていたらしいが
ビルマ軍の侵略により廃墟と化した。
たくさん頭部がない仏像がある。
頭部に宝飾品が入れられていたために
全部切り落とされて盗まれて
さらに焼かれた。だからみんな黒くこげていた。

b0005752_18522124.jpg
有名なのが木の根の間に埋め込まれた仏像の頭。
写真を撮るときはしゃがんで
仏像の頭より下の位置になるようにして
撮らなくてはならないんですよ!!


そしてアユタヤ遺跡へ。
b0005752_18531584.jpg
ワット・プラ・スィ・サンペットは歴代の3人の王が眠る王宮の建物。
ビルマ軍の侵略により破壊されててところどころが傾いています。
いつ崩れてもおかしくないです^^;;;;


b0005752_18533115.jpg
サンペットの周りをぐるぅ~っと1周。
修学旅行の学生さんたちがたくさんいました。
学生さんが「こんにちわぁ」と日本語挨拶をしてきたので
「こんにちわぁ」と挨拶をしたら
なにやら「きゃ~」ってワイワイ話しておりました。
笑われたのか??喜ばれたのか??
まっどっちにしてもちょっとした国際交流と
良い方向に考えたゆきえたん(笑)

b0005752_18544058.jpgサンペットの観光を終えて次は象さんです!!
乗り場はほとんど日本人。
象さんの上にくくりつけられた座席にすわる。


うおっ!Σ( ̄□ ̄;
思ったより揺れる。
象さんは人間の歩道??を歩いていく。
当然隣は車道(笑)
どんどん歩いていく。
途中、道を横切らなければならなくて車が通りすぎるのを
待っていると

象さん渋滞が発生!!(笑)

我が象さんの運転手は突然象さんの向きを変えた。
おっと!!いきなり車道に出たぁ~
ヽ(゜ロ゜;)ノ \(°o°;)/ ウヒャー
車道に出てアウトコースから攻める攻める!!
そして途中で象さん歩道に戻りゴールイン!!
めでたく象さんトレッキング終了(笑)

ご参考までに:
ここの象さん乗り場は
秋篠宮ご家族とV6の森田くんの写真がありました。
秋篠宮ご家族は夫婦とお子さんたちにわかれて象に乗っている写真。
森田くんは象さんの調教修行をしている写真でした。

アユタヤはここで終了。一路バンコクへ戻ります。

時間があるのでガイドさんが「どうする??」
と言ってきたので
「タイ式マッサージ」がやりたい!!と叫ぶゆきえたん達。

ちょっと高めなタイ式マッサージ店に到着。
まずは靴を脱いで足を洗う。
くすぐったいじょ。(*^.^*)エヘッ
そして全身マッサージへ。
個室に入って着替える。
オバちゃん達が入ってきて「寝て」と言って
左足からマッサージ開始。
ずぅ~っと左足ばかりマッサージをしているんです。
何か理由でもあるんですかね??
しばらくして右足へ。
そして背中、頭と次々にマッサージをされていく。
あまりにも気持ちよくてゆきえたんの意識は途中途中欠如している(笑)

途中でお隣に日本人のオジさま達がやってきたらしくて
「痛いっ!!」という声が聞こえてきた(笑)
ゆきえたんは全く痛くなかった。すごく気持ちよかったのらぁ~
友達も途中
「痛かったんだけど声がでなかった。揉み返しが心配だわ」
って心配してた。

夜はニューハーフショーです。
観客の7~8割は日本人(笑)
飲み物を運んでくれた女性も実はニューハーフだよと
隣のオジ様が教えてくれました。ビツクリでした。

司会者の男性(だけどたぶん将来は女性として舞台に立つ
新人さん??)が数ヶ国語で挨拶をする。

暗転してショーターーーイム!!
うぉーーーー!!
<( " O " )> ナントー!

むちゃくちゃ綺麗!!

b0005752_1855394.jpg

目のやり場に困っちゃうゆきえたん(笑)(。-_-。)ポッ
様々な国をモチーフに演出されていました。
日本はもちろん「着物」を使ってのショウです。
これがものすごいコミカルな演出にできあがっておりました。
バカにされているのか??と一抹の不安を抱きながらも
日本人は大爆笑。
他の国の方々が理解できていたのかがすごい不安^^;;;;

b0005752_18555428.jpg
紅いドレスの人はたぶんこのお店の一番の売れっ子さん。
いつも一番いい役をやっていたから(笑)


b0005752_18561726.jpg
最後は記念撮影ができました。
気にいった女性(?)の画像をとりたかったんですが、
どこにいたのかがわからなかったので
とりあえず近くにいた美女(?)を撮影。
綺麗だったわ。

本日、美女で目の保養をして眠りに就きました。
[PR]

by yukietan | 2004-09-20 18:58 | タイ旅行★

朝、いつもの出社時間と同じ時間に目覚める。
日本より2時間遅れなので2時間若返った(?)のかもしれないが
TVは常にNHKをつけているために時間が混乱してくる。
NHKは日本で流れているのと同じリアルタイムなので
夜中「日付が変わって○月×日です」と放送されてても
タイではあと2時間あったりする。
衛生放送というものは時代の賜ですわ(笑)

朝食はバイキング。
世界各国の朝食がならぶ。ご飯やみそ汁ももちろんある。
レストランのお客は6~7割日本人(爆)
従業員も片言の日本語を話す。

朝食に「お粥」を発見!!!
中国へ行ったときも思ったがゆきえたんのお腹には
朝は「お粥」がGOOD!!d_(>o< )
迷わずお粥を(σ^0^)σゲッツ!!
十分お腹がいっぱいになるのです。

朝食後、いよいよバンコク内観光です!!
今日は王宮関係です。

車に乗って船着き乗り場に到着。
なぜ船??
ぐる~っと遠回りをするよりは直線コースで
目的地まで行くと近いということ。
合理的です(笑)
b0005752_12142886.jpg
どこへ向かったかと言うと「暁の寺」(ワット・アルン)
1分間の船旅をして対岸へ。
暁の寺はすんごい芸が細かいんです!!
陶器の破片で覆われており、かわいい柄がたくさん!!
昔は16メートルしかなかったんだが
ラマ3世が76メートルまでに改築したらしい。
更に高くしたんだってさっ。


階段で記念撮影をすることになった。
野良犬がいたがどいてとも言えずに
野良犬の後ろに立って記念撮影!!

はいっチーズっ!!(パシャッ)

と写し終わったとたんに
野良犬は
立ち上がりどこかへ行ってしまった。

・・・・えっ( ̄□ ̄;)!!
写真に映るだけ映ったよ、この犬くん!!
なんとまぁ~観光客なれ写真なれをした犬くんだこと!!

日本の聞き慣れた鐘の音を聞きながら塔の周りを一周。
大きな仏像を見て、再び船に乗り対岸にわたった。

日本では「お布施」というものをお納めしますが
タイでは「ゴールド」を仏様の顔や身体に願いを込めて貼り付ける
というのが慣習らしいです。
同じ仏教でも違うものですわぁ~と一同感心。

次は「エメラルド寺院」(ワット・プラ・ケオ)と「王宮」。
車で数分移動するとず~っと壁が続いた一角が現れた。
王宮です。
b0005752_1215446.jpg
入り口を入ると遠くに3つの塔が見えた。
手前から
金色の塔:
ラマ1世が建てられた仏舎利が納められている
プラ・スィ・ラッタナ・チェーディー。
真ん中のピラミッド状の塔:
ラマ4世が建てられた教典が納められている
プラ・モンドップ。
とうもろこし状の塔:
ラマ5世が建てられた代々の王様の像が納められている
プラサート・プラテープ・ビドーン。
最後のとうもろこし状の塔は
残念ながら建物の中には入ることができません。
でも4月に1日間のみご開帳があるので
その日に合わせて行かれると好いかも知れません。
タイ国民しか入れないのかな??


b0005752_1223671.jpg
その3つの塔の裏手に何やら縮小版みたいな小さな塔を発見。
「アンコールワットに似ているよねぇ~」話していたら
実際に看板に
「アンコールワット」
って書いてあった。
そりゃ~似てて当たり前(笑)


b0005752_12162591.jpg
そして最大の目玉「エメラルド寺院」
そこかしこと修復工事をしていて見た目は少々見苦しいかったんですが、
壁の模様に使われている赤青緑金という色とりどりの物は
昔はルビー・サファイヤ・エメラルド・ゴールドだったらしい。
が、今は「ガラス」。
毎日コツコツと修復をしているらしいです。ご苦労さまっす!!


そして寺院の中に入ると
いらっしゃいましたよ、ご本尊様!!
翡翠(ひすい)つまりエメラルドで造られ、
ゴールドで細かく編まれた衣装をきた本尊様!!
季節によって衣替えをします。
左からsummer rainy winterバージョンです。
今回は夏バージョンでした。

b0005752_12164862.jpg


天井がすごーく高く、壁一面に物語が描かれています。
これまたすごい細々と描かれております。
日本人だからでしょうか・・・・
仏像の前では自然と礼儀正しくなっていまいますね。

ちなみに
「お坊さまの日」は一般市民は立ち入り禁止になるそうです。

美しきエメラルド寺院を拝見後、出口に向かいました。
途中、王宮の横で
「こちらは国王が友達のために建てられた建物です」

でかっ!!( ̄□ ̄;)!!
友達のために建てちゃったの??
「そうです。今でも大事なお客様のときは使用されています。」
ホンマですか!!( ̄□ ̄;)!!
うっかり画像を撮るのを忘れてしまったのが悔やまれまする。
b0005752_12175591.jpg
さらに歩くと王宮が見えてきて
エントランスの上に国王の肖像画があります。
この王宮は歴代の王が住んでいたところで
ラマ8世までは実際に住んでいらっしゃたらしいです。

←見えませんが黒っぽい丸いのが肖像画です。
ラマ5世時代のとき
ラマ5世は象に乗って戦争に行ったそうです。
そして連戦連勝!!一番崇められているそうです。

そしてその王宮の門はものすごい高い!!
なぜか??

それは

象でも通ることができるように!!

国王は象に乗って戦争から帰ってくるからです。
だからものすごく大きく高く建てられているということです。

そして次は休憩タイム!!マンゴーのデザートを食しに行きます!!
お店に到着して入るとマンゴの香りが漂ってきた。
いい香りです♪
旅行ガイドの本にも載っているらしくて他にも日本人がおりました。
ゆきえたん、あまりお腹が空いていなかったため
またもや残してしまいました。完食したかったo( _ _ )o ショボーン
b0005752_12181952.jpg


b0005752_12185474.jpg
そして「ジム・トンプソンの家」へと向かう。
アメリカ人にしてタイ・シルクを世界に知らしめた人です。
1967年のある日出かけていったきり消息を断ってしまったという
謎が残っています。
日本語のガイドさんが案内してくれます。
家の中は陶器などの古美術品がたくさん。
珍しいかったのが陶器の「無蓋急須」
底からお茶やワインをいれて逆さにするというモノです。
撮影禁止だったので画像がないのが悔やまれます(泣)
でもね、
この家の中には
シルクの「シ」の字もなかった
感想は
「古美術収集が大好きなおっちゃんの家だった」
知識のないおバカなゆきえたんにはもったいない観光地でしたm(__)m


その後は少し時間があったので買い物へ。
伊勢丹の免税店へ連れて行かれる。
よくあるお決まりのパターンで連れて行かなければならない場所らしい。
さっさと免税店を一周して百貨店を探索。
伊勢丹、ワールドプレイスプレス(?)ZENと3つの
百貨店が連なっており、中は当然つながっております。
さすがに全部は見切れない^^;;;;
b0005752_12193054.jpg
ゆきえたんはタイに来たときにぜひ会ってみたい人がいた。
それはマクドナルドのドナルド君。
タイのドナルドは合掌をしているとTVで見たことがあったので
ぜひこの目で確認をしたかったのです。
百貨店にマクドナルドを発見!!
早速ドナルド君を探してパチリと記念撮影。
1つ願いが叶った瞬間でした♪♪♪


b0005752_12195558.jpg
その後は夕食へ。
本日は「タイ舞踊を鑑賞しながらタイを食す!!」がテーマ(笑)
まずタイ料理が出てくる。
向かって右下がカレー。すごく辛かった。
でも全体的におしかったじょ。


このときに隣に座っていた学生のお姉ちゃんと熟年夫婦の会話がすごかった。
お姉ちゃんはどうやら関西人っぽい。
「マッサージは300バーツのところでやりました。
すごいよかったですよ。あと買い物なんかもバリバリ
値切りますよ。アタシは日本でも値切りますよ。
夜中にタクシーに乗ったとき2000円しかないから
2000円にまけてよぉ~って値切りますよ」
って熟年夫婦に向かって張り切ってお話をしていました。

ふぅ~ん、って聞いてました(笑)

食事を食べているとタイ舞踊の時間になった。
舞台ではタイ王国の紹介のVTRが流れ始めた。
が、これがものすごい長い!!
20分ぐらい上映してていいかげんうんざり(○`ε´○) ぶーっ
やっと上映が終わって「タイ・クラシカル・ダーンス」と
アナウンスがやっと流れた。
男女の恋のかけひきの演出したダンス
戦いを演出したダンス
最後は客席参加型で数人が舞台にあがって一緒に踊って
幕がおりました。。
b0005752_12204763.jpg



その後はホテルへ。
部屋に戻る前にホテル内にある売店が気になっていたので寄ってみた。
英語より日本語の方が堪能な店員さんがいた。
「すべて20%オフです。」とな。
外のお店での価格と比較して見るとたしかに20%オフは安かった。
ある日本人が
「えぇ~これ80バーツなの??アタシ昨日100バーツ
で買ったのにぃ~(>_<)」と悔しがるほど。
22:00閉店なのにアタシ達の買い物が終わるまで
22:30ごろまでず~っと待っていてくれた。
いつも笑顔の店員さんです。
でもね翌日は8:00には開店してんだよねぇ~。
不思議なお店です(爆)
[PR]

by yukietan | 2004-09-19 12:28 | タイ旅行★

朝起きると晴天!!前日の台風がうそのようだった。
父にいつもより30分早めに自宅を出てもらい空港まで送迎してもらう。
通常ならば10~15分で到着するはずが
朝の渋滞にて30分かかった。
「お前が5分家を出るのが遅れたから30分かかったんぞぉ~
このままじゃ~会社に遅れるがやぁ~」

と朝から父親に名古屋弁にて説教を受ける(笑)
空港に到着して「ありがとっ!!」とお礼をいい出発ロビーへ向かう。
友人2名と合流する前に母へメール。
「お父さんに5分出発が遅れたから空港まで30分かかって
会社に遅れるって怒られた」とチクったら
「会社は渋滞とは逆方向だから十分間に合うよ。
気にしないで忘れて行ってらっしゃい」
と返信メールを受けた。
母親の優しいメールに感涙。

しばらくすると友人と合流。
今回はケチケチ旅行(?)のため名古屋-香港-バンコク経由。

ゆきえたん、名古屋空港にこんなにたくさんの人がいるところを初めてみた。
手荷物検査は行列ができているし、出国カウンターが4つも開いているのも初めて見た。
ゆきえたんが利用するときは手荷物検査に行列なし、
出国カウンターは1つしか開いていない。
いつもこんなにカウンターたくさんあるけど必要なのかな??
と疑問に思っていた程です(笑)

搭乗していざ香港へ!!ケチケチ旅行なので当然エコノミー。
ちょっと居心地が悪いが仕方がない。
暇つぶしに映画を見る。
ゆきえたんが選んだ映画は「クイール」
盲導犬のお話。
さっそうとヘッドホーンをして映画に夢中になる。
香港に近づくにつれてクイールも山場にさしかかる。
ゆきえたん、号泣(。>0<。)うわ~ん。悲しいぃぃぃ~。
と横に座っている友達に涙を拭いているところを見られる。
えへへっ(*^.^*)エヘッ
だって悲しかったんだも~ん。
ゆきえたん、動物ものは弱いのよね~ん(泣)

そうこうしているうちに「着陸態勢に入ります」と
キャプテンからアナウンスが入る。
飛行機がどの辺を飛んでいるのかが地図上に示される。
地図上に「○」と書いてあるところに着陸するはずが通り過ぎる^^;;;;

えっ!!「(≧ロ≦) アイヤー

と思ったが香港の空港の離発着は難しいと聞いたことがあるので
何かしら調整をとっているのでしょう。
着陸態勢になってから30分経ってようやく地上に舞い降りた。
長かったなぁ~こんなものなんでしょうか??(笑)

香港にて乗り換えです。
掲示板で乗り換えの搭乗番号を確認するようにと
アナウンスが流れていたので確認しようと掲示板をみたが、
我らの予定の便が載っていない!!

・・・・なぜ???゛(・・ ンッ?

ん~困ったなぁ~と近くの係員に聞くが分からないと言われる。
貴方がわからないならば私たちなんて当然わかるはずがない!!
としばらくぼぅ~っとしていると
突如最後にフライトナンバーが掲載された。

あっ!!出現したぞ!!

時間が遅いから掲載されなかったことが判明(笑)
係員に搭乗口の場所を尋ねてとりあえず登場口に向かう。

そして
乗り換えの搭乗口を確認して空港内探検に向かう。
香港の空港は広くて寒かった。
殺されるかと思われるほど寒かった。

ウロウロするとスタバを発見!!
JPY1000=74HK (日本円)
RMB100=92HK  (人民元)
と書かれている。
私たちはHKドルを持っていなかったので
日本円が使えることが大喜び。
ゆきえたん、中国のお金「元」(RMB)を持ってきたので
「元」(RMB)にて支払う。
お釣りは
HKドル^^;;;;;

ん~困った。。。(・_・。)) マイッタナァ
たかが数十HKドル。使い道がないじょ。
日本円に換金したら手数料の方が高いのでは??
と脳裏をよぎったのでそのまま財布にHKドルを入れる。

無事スタバで飲み物を(σ^0^)σゲッツ!!。
さっそうと搭乗口に戻る。

あっ( ̄□ ̄;)!!
私たちが乗る便より遅い便が表示されているよっ!!
ホンマやっ( ̄□ ̄;)!!
どういうこと??
搭乗口変わったのか??
。。。ヘ(;^^)/
慌てて掲示板を探してチェックする。

あっ変更になっているよ。
ってこの搭乗口どこ??
と広い空港内をキョロキョロしながら移動。

変更後の搭乗口で
「なんで何も言ってくれないんだろーねぇ~」と1人が言う。
「いや、たぶんアナウンスはしているはずだけど
私たちが英語を理解できなかっただけだよ(笑)」

とつっこみを入れる。
まぁ~早めに気づいたことだし問題ない!!ない!!
英語の必要性を感じた瞬間だった。

無事に搭乗をして一路バンコクへ。
今回は何を鑑賞しようかなぁ~と番組表を見る。
「ポチたま」を発見!!!すぐさま鑑賞に入る。
そして
すぐさま機内食が出る^^;;;;
さっき食べたばかりでお腹空いてないよねぇ~
などど言いながらも友人はペロリと平らげる。
ゆきえたんはさすがに半分ぐらい残してしまったわ。

番組を鑑賞して、機内食食べて、熟睡して、
確実に太ってバンコク入りです。

到着するやいなやトイレに行きたくて仕方がなかった。
入国審査の近くにトイレを発見!!
ついでに自動両替機も発見!!
人間が両替してくれるところは混んでいたので自動両替機で
ちゃっちゃと換金。
「日本語」というボタンを押すと日本語で案内してくれる優れもの。
何が言いたいのか検討はつくが正しい日本語になっていない
注意事項のシールがあった。
画像を撮らなかったのが悔やまれる(悔)

そしてゆきえたんの財布の中はインターナショナル化をした。
日本円、中国の元(RMB)お釣りでもらったHKドル
そして
今換金したバーツ!!
財布ばかりインターナショナルしても・・・・・^^;;;;;

無事に入国をして外に出る。
さてと・・・・ここからどうしたらいいのやら??
と思ったらすぐさま旅行会社の紙を持った人発見!!
すぐさま名乗り出るとツアーガイドの人だった。

名前は「ノック」女性のガイドさんです。
日本語が堪能な綺麗な人です。
この人
美容に命懸けています(笑)

ガイドさんに連れられて車に乗る。
初めてのタイ王国です。バンコクは大都会です。
日本となんら変わらない。日本企業の看板がバンバン目に入る。
そして
渋滞。
まったく前に進まない。
ガイドさんは
「渋滞のないバンコクはバンコクじゃない!!」
と言い放っておりました。
しばらくするとガイドさんから、
「お腹空いたでしょ??今からホテルのディナーに行きます」
・・・・えっまたご飯^^;;;;;;
全然お腹空いてないんだけど・・・・^^;;;;
豪華なホテルに連れていかれた。
お腹が空いていればすごいおいしいんだろうけど
あいにく数口でギブアップ。
最後のデザートなんて
ピーナッツバターにゴマ団子(?)が入っているスープっぽいもので
ものすごく甘い。
ゆきえたん、1口でノックアウトされました。
友人はしっかり飲んでいたわ。
彼女たちの胃袋を尊敬してしまう。

下記は注文した飲み物。
メロンのジュース。ココナッツジュース。すいかのジュース。

b0005752_1891991.jpg



その後ホテルに行き、すぐさま就寝。

ホテルのテーブルにあった果物。
ふさふさしたっぽいのが「ンゴッ」。個人的に気に入ったわよ。
b0005752_18101840.jpg

[PR]

by yukietan | 2004-09-18 18:08 | タイ旅行★