何度でもいいらしい。


ある教科のテストでの出来事。
そのテストは「リスニング」と「オーラル」で
構成されております。
リスニングテストのときのこと、

先生

「ではリスニングテストを始めます。」

(リスニングテープ終了)

「ではもう一度、最初からテープを流しますので
わからなかったところはよーく聞くように!!」

えっ!?
もう1度、テープ流してくれるの??
そんなんでいいの??

とゆきえたん、困惑しているところへ
黒人の生徒(名前:ISSA)が遅刻して入ってきた。

「ISSA、早く席について!!テスト始めるわよ」

(リスニングテープ2度目終了)

「はい!!皆さんは2回聞いていますが、
ISSAは1回して聞いてなからもう一度テープを流します。
もし、聞きたい人がいれば3回目聞いてもいいですよ」

はいぃ!?!?
そんな適当でよいの??

(リスニングテープ3度目終了)

「では次にオーラルテスト始めますので
順番に向こうの教室に来てください。
リスニングテープはここにおいておきますので
必要があらば、聞いてください。
オーラルテストの最後の人がこのテープを
持ってくるよーに」

はいぃ?
えっ???

そんなんでいいのぉ??

「オーラルテスト必要があらば、メモ見てもいいからねぇ~。」

メモ見てもいいんだぁ~
意外に何でもありなんですね、
留学生のテストって^^;;;


語学を伸ばすも伸ばさないのも自分次第でございます。

[PR]