毎度のことになりつつある・・・


最近、買い物に行ってレジ待ちをしていると
何かしらアタシの前の人でトラブっている。

先日、カルフールというスーパーに行ったときのこと、
前の人がお会計を済ませお金を支払ったが、
レシートの紙がなくなった。
レジの姉ちゃんが交換をしていたが、うまく行かず
バンバン機械をたたくが治らず(笑)
結局、担当者を呼んで事なきを得たが、
その間、約5分間はあったね。。。


別の日では
アタシの前の人がお会計をカード支払いを
しようとカードを出していました。
レジの姉ちゃんが
「ここではできないので、隣のレジで
カード処理をお願いします。」
ってお客を連れて隣のレジへ行き、
また戻ってきた。

えっ??そんなことってありえるんだ・・・・。
カードリーダーが故障してても
まったく問題ないんですね。


また別のスーパーでのこと。
中国では基本量り売のため、
その場で計量をしてもらい、
金額の書かれたバーコードを発行して
もらわなければなりません。

が、アタシの前に並んでいたおじいちゃんは
計量をせずにレジに並んでいたんです。

レジの姉ちゃん:「バーコードないよ!」
おじいちゃん:「ここで量ってよ」
姉:「ここではできません。あそこで量ってもらってください」
と押し問答が数分続いた。。。

結局、おじいちゃんがいったん計量をしに
その場を去っていった。
その間、ゆきえたんはその光景を見守るしかなかった(笑)


またある別のお店でのこと
VIZAとマスターカード支払い専用ラインに並んでいました。
前には新婚夫婦っぽい方がいました。
支払いになるときに男性が
男:「えーっと、パスワードなんだっけ??」
女:「アタシ知らないわよ」
男:「たぶんこれだ」
とパスワードをインプットするのだが、
何度やってもはじかれてしまう。。
挙句の果て、
男:「君のカードで支払ってよ」
と女性がカードを出して支払いをしようと
思ったら、それはJTBカードだった。

店員が「JTBは使えません。他のは??」
というが彼らは別のカードはないらしい。
とそこで、店員が突然
「クリスティーヌ!!!」と人の名前を呼んだ、
どこがクリスティーヌやねんっ!と
突っ込みをいれたくなる容姿の人が来ましたが、
このクリスティーヌが機械をちょいっと操作すると
なんとJTBカードでの支払いがOKとなった。

えっ!?マジで!?
提携の関係上の話だけで
最悪、別会社カードでもOKなんだ^^;;;

この光景をおよそ10分ぐらい眺めていました(笑

楽しい国だなぁ~

[PR]