日本の常識は通用しない

仕事が早いのか、いきあたりばったりか jsaisyoさんの気持ち少しはわかる。
短期留学のとき、一応「留学」ということで授業が毎日あったんだが、
教室に言ってしばらく待っていたら
突然「没有課」(授業なし!!)って言われた経験あり。
たまげたね。。。

そしていい加減なんでしょうか、
私たちのスケジュールには「明日は授業なし」となっているのに
先生は「えっ??僕のスケジュールには明日授業ありになっているよ」
って食い違っていたこともあり。
先生は「アルバイト君」(といっても学生さんでも30歳前後ね)だったんだけど
とてもいい人で担当者に電話してどちらが正しいのかきちんと確認してくれた。

あとは・・・・・
宿舎で突然ある人が宿舎側から
「あなた、今1人で宿泊しているよね??
明日から泊まりに来る人の部屋がないから相部屋してくれないか??」
って言われてた。
その人は「たしかにベッドは2つあるが、1人がいいということで
それだけ割り増しを払っているのでイヤダ!!!」と断ってた。
当然です。

っていうか泊めることができないぐらい
キャパ以上の予約を取るな!!!
と日本人は皆、怒り狂ってた(笑)

日本の常識は通用しないことを悟った様々な場面でした(ーー;)

[PR]